« 2020年11月
2018年08月29日

断熱のお話

みなさん、おはようございます。
設計コーディネーターの植村です。

先週から子どもたちの学校が始まり、夏休み中のお昼の準備や
毎日の「宿題終わった?」「自由研究終わった?」「朝顔にお水あげた?」
コールから解放され、とてもすっきりした気持ちで過ごしております(笑)
小学生ママの皆さま、本当にお疲れ様でした。

asagao.JPG


さて、私がカネトシ工務店に仲間入りさせていただいてから、
もうすぐ2ヶ月が過ぎようとしています。
間取りのこと、設計図のこと、お家の構造のことなどなど、
少しずつ勉強して居るのですが、、、
今回は、ただいまお勉強中の、「断熱」についてお話したいと思います。

最近のお家(北海道は特に)は、よく高気密高断熱の住宅といわれて
いますが、断熱性が上がるとどのようなメリットがあるのでしょう。
いくつかあるメリットの中でも、私が特に注目した2点のメリットを
ご紹介したいと思います。

その前に、まず、断熱とはどういうことなのか。。。
読んで字のごとく、「熱」を「断」つ、ということなのですが、辞書を
引いてみると「外部との熱の出入りをさえぎること」と書いてあります。
住宅においては、簡単に言えば、「外気温に影響されないお家」ということ
でしょうか。なんだか水筒みたいですよね。

それでは、私が注目した断熱のメリットをご紹介します!

一番のメリットはやはり、光熱費が抑えられることです。
しっかりと断熱がされているお家は、お日様の日差しや外の気温に
左右されません。
暖房で温めた温かい空気や、エアコンで冷やした冷たい空気も、外気に
影響されていては、どんどんエネルギーを消費します。
エネルギーを消費すれば、光熱費が上がります。
住宅ローンの支払いもありますし、それは困りますよね。
特に、私たちの住む北海道では、冬場の暖房費は死活問題です。
断熱性の高い住宅は、外の気温に左右されないので、少しのエネルギー消費で
冬は温かく、夏は涼しく過ごせるのです。なんて経済的♪

fuyu_atataka_man.png


二つ目は、なんと、健康に好影響を与えます!
私が、断熱について勉強していて、一番驚いたことです。
断熱性の高い住宅で暮らすと、年間の医療費が下がるという報告も!!
とある研究によると、断熱性の低い家から高い家に引っ越すことで
気管支喘息やアトピー性皮膚炎、手足の冷え、のどの痛み、せき、目のかゆみ、
アレルギー性結膜炎、アレルギー性皮膚炎など肌の悩みの症状が改善されたと
いう報告があるようです。
住むだけで、健康になれた上に、医療費も下がるなんて、こちらも
経済的ですね♪♪

今回は、健康的に暮らせて、エコでお財布に優しい♡断熱のお話でした。
次回は、カネトシ工務店のお家の断熱について書かせていただきたいと
思っています☆
長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。


……………………………………………………………………………………………………………………………………

カネトシ工務店 やすらぎの家 「 ラッ木ー 」

9月15日(土) ・ 16日(日) ・ 17日(月) 完成見学会開催

Homepage

Instagram

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

株式会社カネトシ工務店
カネトシ工務店

一緒にマイホームづくりを実現させていきましょう!