« 2020年11月
2018年12月19日

理想の間取り①「見えない収納」

こんにちは。
設計コーディネーターの植村です。
風邪やインフルエンザが流行する季節ですね。
皆さんは、大丈夫ですか??
我が家は、11月末から12月初めにかけ、子どもたち→私と、
流行に先駆けてインフルエンザAにかかってしまいました。
かかってしまった私が言うのもなんですが、予防には、予防接種は
もちろん、毎日の手洗い、うがい、適度な加湿が大切です。
皆様もお身体お気を付けくださいね!


さて、今回から、植村の「理想の間取りシリーズ」と題し、こんな
間取りのお家があったら暮らしやすいだろうなぁという、実在の
しない私の夢の間取りをご紹介していきたいと思います。
月1回更新を目標に、毎回テーマを決め、そのテーマに沿った
間取りを作成、ご紹介していきたいと思っています。
よろしくお願いいたします!!

第一回目の今回は、社長からお題をいただきまして、「見えない収納」
いうテーマで、間取りをプランニングしてみました。
「見えない収納」ということで、来客時になるべくお客様から見えない
様に考えてみました。

mienai%20madori%201F.jpg

私のこだわりポイントとしては、キッチンの裏に隠れたパントリーと、
リビングのTVボードの後ろの大型収納です。

パントリーは、リビングから見えないように入り口を設置し、リビングの
お客様からは見えない作りになっています。
また、買い物から帰った後は、玄関から洗面室または、ダイニング側の
入口を通り、そのままパントリーへ直行出来る様になっています。
また、パントリーと洗面室の間に、カウンターを設置して、ちょっとした
家事スペースをもうけました。
アイロンをかけたり、裁縫をしたりはもちろん、ママの読書スペースや
PCコーナー、ボーっと一人でお茶したいときなど、ママ専用スペースと
して利用できます。

mienai%20dining.jpg

リビングのTVボードの後ろの大型収納は、扉を壁と同じ色で取っ手の
ないタイプにし、壁と一体化させ目立たないようにしています。
奥行と厚みを持たせることで、散らかりがちな子どものおもちゃや、
リビングの小物たちもここに全部収納できるようにと考えました。
収納の中には、可動棚を設置し、収納するものの大きさや使用頻度、
お子様の成長などで変化する収納物に応じて、自らカスタマイズ
できればと考えました。

mienai%20living.jpg

今回は、「見えない収納」というテーマで、理想の間取りをご紹介しました。
これからも、いろいろなテーマに沿った、私の理想とこだわりの間取りをご紹介
させていただきたいと思っています。

ご覧いただき、ありがとうございました。


……………………………………………………………………………………………………………………………………

[ 新築住宅 ][ リフォーム ][ 土地探し ]

お問い合わせ

ホームページ

インスタグラム

ページの先頭へ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

株式会社カネトシ工務店
カネトシ工務店

一緒にマイホームづくりを実現させていきましょう!